ウェアラブル小型カメラの撮影方法を公開

スタンドアローン型カメラで証拠撮り

スタンドアローン型カメラの証拠撮りメリット

固定して確実に撮影できる

追尾する必要がないので、撮影できないリスクが少ない

 

何と言っても撮影が簡単。
掛け時計型デザインであれば、リモコン操作で簡単に証拠撮りできます。

 

 

 

スタンドアローン型カメラの証拠撮りデメリット

カメラの撮影視野範囲が狭い。
追尾ができない。
オフィスなどの共有空間に設置しにくい。

 

など、撮影シーンを考慮する必要があります。
ウェアラブル端末型と違って、確実に相手の動作を証拠撮りできるため設置できる場所があれば スタンドアローン型をオススメします。

スタンドアローンでセクハラ証拠撮り記事一覧

掛け時計型カメラでオフィスや室内のセクハラ証拠撮り

オフィスや自宅の室内で、すんなり撮影できる掛け時計型カメラ掛け時計デザインなので、怪しまれずに撮影できます。セクハラ被害にあっている方で自宅に加害者を招き入れることはまずありませんが、被害にあっている特定の室内に設置して証拠撮りとして録画可能です。掛け時計の使い方ですが、非常にシンプルです。リモコン...

≫続きを読む

ティッシュBOX型マイクロカメラ リモコン付き

シンプルなティッシュBOXにマイクロカメラを内蔵オフィスや自宅に設置して、簡単に撮影できます。違和感なく録画できます。証拠撮りとして必要なスペックを要しています。ハイビジョン画質 1920×1080pix を実現リモコン操作で簡単撮影シンプルな1ボタン式のリモコンで動画撮影のON・OFFを操作して撮...

≫続きを読む