ウェアラブル小型カメラの撮影方法を公開

セクハラやパワハラから解放される隠し撮り小型カメラ

いざ決心して、証拠撮りを実行すると言っても一般市販で売られているようなビデオカメラだと
目立って仕方ないですよね。

 

 

 

GOPROのようなスポーツ系カメラも運動している最中なら問題ないですが、こっそり撮影の場合はやはり目立ってしまいます。

 

 

そこで普段使用している日用品に小型カメラを仕込んで、撮影していることを相手に知られないようにカモフラージュできるツールを
使って、証拠撮りを実行します。

 

 

録画するシーンに応じたツールの選択

相手を追尾して確実に証拠撮りをしたい場合は、ウェアラブル端末型
特定の部屋に設置して、確実に証拠撮りをしたい場合は、スタンドアローン型を選択しましょう。

 

 

 

 

 

ウェアラブル端末型の場合、被害にあっている最中に録画することもありますので、少し度胸のいる撮影になりますので
固定の部屋で設置して撮影するスタンドアローン型は安全に撮影できます。

 

どちらもメリット・デメリットがありますのでご自身の被害シーンに応じて選択しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セクハラ証拠撮り方法記事一覧

ウェアラブルでセクハラ証拠撮り

ウェアラブル端末での証拠撮りメリット相手の動きを追尾して撮影できる例えば、腕時計型デザインであれば手首を相手の方向に向けて撮影できます。クルマのキーレス型デザインであればカメラ本体を相手の方向に向けて撮影が可能です。bluetooth 通話イヤホンデザインの場合は自分目線で撮影できますので、相手の動...

≫続きを読む

スタンドアローンでセクハラ証拠撮り

スタンドアローン型カメラの証拠撮りメリット固定して確実に撮影できる追尾する必要がないので、撮影できないリスクが少ない何と言っても撮影が簡単。掛け時計型デザインであれば、リモコン操作で簡単に証拠撮りできます。スタンドアローン型カメラの証拠撮りデメリットカメラの撮影視野範囲が狭い。追尾ができない。オフィ...

≫続きを読む